小学生 通信教育 ポピー

小学生の家庭学習どうしていますか?

 

お子さまが小学校に上がるタイミングでちょっと気がかりになってくるのが「勉強」のこと。

 

「学校の勉強だけではちょっと不安。」
「でも塾に通わせるのは早すぎるかな?」

 

そんな時は、おうちで毎日できる家庭用通信教材が役に立ちます。

 

通信教育の良い点は

 

  • 家庭学習の習慣が身に付く
  • 自発的に学ぶ姿勢が身に付く

 

という点ですよね。

 

家庭学習の習慣が身に付けば、受験の時も塾に頼らずに自分で勉強を進めることができます。
自発的に学ぶ姿勢も、社会人になってからも役に立つ力です。

 

きちんと取り組めばこんなに素晴らしい効果が得られる通信教材。
今日はお母さん世代が子どものころから耳にしたことがあるであろう「ポピー」について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

「ポピー」ってどんな教材?

 

「通信教育」と言ってみたものの、ポピーって実はあまり「通信教育」らしくないのです。
毎月教材が送られてきます。でも、毎月テストを提出して添削をしてもらう、というやり方ではないのです。

 

添削だと問題を解いて答案が来るまでに時間がかかりますよね。
答案が返ってきた頃には、もう問題のことなんて忘れていますし、2週間以上も前に解いたテスト用紙を再び開いて復習をする気になる小学生なんて現実には滅多にいませんよね(^^;

 

その点ポピーは

 

「すぐにマルつけをして見直しができること」

 

を大切にしているので、解説の充実した「答えとてびき」がついています。

 

また、ポピーでは子どもさんが小さいうちは、おうちの方がそばにつき、マルつけをしてあげる、わからないところを教え、ほめてあげることが必要とされています。
手はかかりますが、手をかけて愛情を注いだ分だけ力も付きます。

 

 

 

ポピーについてもうちょっと☆

 

ポピーの謳い文句としては…

ということですね。

 

具体的なポピーの「こだわり」は次の点です。

@ 成長期にあわせた「適度で良質な教材づくり」
A お子さまの成長に本当に必要な教材をシンプルにお届けすることで実現したお手頃価格
B それぞれの年齢にあわせて「こころ」「あたま」「からだ」をバランスよく育む内容。
C 親子で楽しく脳力アップ!

通信教材は、豪華な付録をウリにしているところもありますが、子どもは結局付録で少し遊んでみただけで結局ドリルはポイ。
なんていうご家庭も実はたくさんあるのだとか…(^^;

 

そしてポピーの嬉しいところは、単なる「資料請求」だけではなく「おためし見本」が無料で届くところです。
実際にポピーの教材見本で、書いたり読んだりシールを貼ったりして、ポピーの魅力を実感できそうですね!

 

それと保護者向けの冊子があるのも、なんだかほっとします。

 

通信教材って高いイメージ。ポピーも高いんでしょ?

 

【 家庭学習教材 ポピー 】 は、お手頃価格で続けられることでも有名って、ご存知ですか?

 

小学1年生の教材は、4教科で月額2,700円(税込)
小学6年生になっても月額3,400円(税込)と、6年間での値上がりはたったの700円!

 

驚きですね。

 

「付録が豪華」で有名な某有名通信教育の6年生の受講料が約5,800円であることを考えると、ポピーはいかにお手頃価格であるかがわかりますね。

 

お金のお話、もう少し詳しく見て行きましょう。

 

 

例えば4年生から塾に通った場合

 

 

お受験対策系ではない「学習サポート系」の塾(「〇もん」など)でしたら、1教科あたりの月謝が約6500円です。
3教科受講すると、ひと月あたりの月謝は約2万円です。

 

お受験対策系の塾も、それと同等、学年が上がればそれ以上かかります。

 

小学校4年生から塾に通った場合とポピーをした場合のかかる費用の比較。

 

◎ 学習塾に通った場合
4年生 20,000円 × 12か月 = 240,000円
5年生 20,000円 × 12カ月 = 240,000円
6年生 20,000円 × 12か月 = 240,000円
( 4〜6年生までの3年間の合計 ) 720,000円

 

◎ ポピーを続けた場合
4年生 3,100円×12か月 = 37,200円
5年生 3,400円 ×12か月 = 40,800円
6年生 3,400円 ×12か月 = 40,800円
( 4〜6年生までの3年間の合計 ) 118,800円

 

 

その差はなんと601,200円!

 

 

60万あったら家族旅行ができますね。
家族旅行で、子どもさんにいろいろな体験をさせてあげることができます。

 

しかも「〇もん」などは低学年から始める子どもさんもいますので、その場合は金額の差はもっと開いてきますね。

 

それに「行かなくてはいけない塾」に対してポピーは「自分で計画を立てて学習をする」という主体的・能動的な姿勢を身に付けることができます。
しかもお手頃価格で!

 

実際にポピーを使っている小学生のお子さんがいるご家庭の声

 

実際にポピーを使っている子どもさんたちが、毎日楽しんで、計画的・能率的に家庭学習ができるようになった!
といったお母様からのお声もたくさん寄せられているようです。

 

以下、「ポピー」の公式サイトに掲載されていた口コミからの引用です。

 

「やっぱりポピー」
ポピーの学習量は、一見、他社のものに比べて少ない様に思えますが、結局無駄になる付録がなく、内容もポイントをおさえていると思います。子どもは付録でひきよせられますが、それだけでは、学習に反映されません。その点ポピーは集中するのにちょうどいい量なので喜んでいます。
  by 小4の子どもさんのお母様

 

「てびきが最高です!」
「てびきと答え」で、「答え」だけでなく「こういうところに注意!!」という赤字がとてもとても参考になります。
たし算など、つい答えを見ずに○をつけそうになりますが、「やっぱり」と思い直して見るとポイントがずれていて、思わず、「そうか!!」と思います。
  by 小1の子どもさんのお母様

 

「ずっとポピーでがんばります!」
小1からポピーをやり始めたのですが、今年から英語を習い始め、学校でのお勉強時間も増えたので少しポピーを休会しようかと思っていました。でも、本人が 6年生になったら、またやりたいと強く言うし、理科とか教科書のまとめがわかりやすくとてもいいので、それなら休まず続けようということになりました。中学3年まで頑張ります。継続は力なり…です。 
 by 小5の子どもさんのお母様

 

「楽しく使っています」
ポピーは、「エーッ」というのではなく、「やりたい!!」「早く次のポピーちょうだい!!」と、楽しく使っています。宿題のない日、土・日等、時間のたっぷりある日・・・ポピーは負担にならなく、やっても5分?10分で出来るし、でも、簡単なのではなくポイントをおさえているし・・・また、「ぴかり!!」のクイズに応募するのも楽しみの一つです。
 by ?年生の子どもさんのお母様

 

「自信につながっているようです」
とにかく学校にあがるまでは、勉強などした事のなかった息子ですが、字を書く事からはじめ、今では、国語が好きだと言うようになりました。親の欲を言うと、予習に使いたいのですが、復習に使う方が「出来た」という自信につながって楽しいようです。教える側も「答えとてびき」のおかげで間違った書き順を教えることなく助かっています。
 by ?年生の子どもさんのお母様

 

 

喜びの声が続出の「小学生ポピー」まずはおためし見本のお申し込みから

実際に小学生のポピーを使っているご家庭の口コミはいかがでしたでしょうか。

 

  • 自分から進んで「やりたい!」気持ちでポピーの学習に取り組む
  • 適量なので短時間で済む

 

ポピーには、そんな魅力があるようですね!
ほかにも「ポピーの一番のメリットは安いことですが、ちゃんと学力も伸ばせます。」といった声も。

 

40年以上、ご家庭で愛されてきた幼児・小学・中学の家庭学習教材が全家研の【月刊ポピー】
現在「おためし見本」を『無料』でご案内中です!是非この機会にお手に取ってご覧ください。

 

◎ おためし見本を申し込む!
   親子で学べる!教科書に沿っていてテストで高得点を狙える!【月刊ポピー】。まずは無料おためし見本から!